雪塩・ぬちまーすで甘いものが食べたい!!という欲求をなくすことができるのか?

こんばんは!

わさび・からしが未だに食べられない系女子のニャー子です。

何歳まで女子って言って良いのかな?笑

 

さて、3月19日にお砂糖断ち・・・(厳密に言うとスイーツ断ち)を開始してから2ヶ月が経過。

割と順調かなぁと思います。

【やめる習慣】砂糖断ちを始めてみました♪

 

砂糖さえ使用していなければ、何をどれだけ食べてもOK!

という、激甘なルールのおかげか、あまりストレスは感じずに、コンビニスイーツを1日に2つも3っつも食べるような生活から脱することができたなぁと思っています。

 

調味料に使用されている砂糖類は今のところ摂取しているので、完全に砂糖断ちではないのですが、甘~いお菓子をいつもなら食べていたところを、サツマイモや甘栗や煮干なんかを食べたり、蜂蜜やメープルシロップをつかって寒天を作ったり、時にはマヌカハニーをそのまま頂いたりなどしています。

まぁ、時々砂糖をしようしたお菓子も食べてますけどね。

 

先日大好きなこのシフォンケーキを1袋いっきにペロリと食べてしまいましたが、以前だったら次の日からハマってしまって毎日1袋食べていたところを、今回はハマッてやめられなくなる…みたいなこともなく、美味しくい食べて満足!という感じだったので、心なのか身体なのかはわかりませんが、変わったなぁ・・・と感じました。

このシフォンケーキめっちゃ好きなんですよね。

どういう売り方してるのか知りませんが、時期によって全然売ってないのです。

今回は久しぶりに見つけたので、ついつい買ってしまいました。

依存しないで、メリハリをもって時々美味しくスイーツを頂く…というのが理想なので、かなり理想に近くなってきたかな?と思います。

 

2ヶ月経過した現時点で1番実感しているのは味覚の変化です。

味覚が結構敏感になってきたので、甘みだけじゃなく、おかずなどの味付けも薄味でOKになったし、サラダのドレッシングなんかも使う量が少なくなりました。

この前は茹でただけのさやえんどうをそのまま食べたら結構おいしくて、調味料なしでも良いのか!…って、結構感動しました。

 

そんな感じで味覚の変化は実感してるのですが、最近ケーキとかアイスとか系の甘いものが食べたいなぁ~って感じることが時々あって…

どうしても食べたい!いいや食べちゃえ!!

…という程の【食べたい】でもないので、基本的には気を紛らわしてやり過ごしていました。

まぁ、今まで習慣になってしまっていた食生活をやめるうえで、そういう時期なのかなぁ~、なんて気軽に考えていました。

 

そんな感じの最近、voicy(ボイシー)で、森拓郎さんの【聴くだけでヤセるラジオ】をきき始めたのですが、『なぜストレスで甘いものを欲するのか?』という配信で、甘いものがやめられないとかのときは、マグネシウム摂るといいっておっしゃってたんですよ。

 

マグネシウムって聞くとにがりを思い出します。。

マグネシウムを日常的に無理なく摂取するのって大変じゃないかなぁ~と思ったのですが、森拓郎さんが、マグネシウムの摂取源として、沖縄の海塩である『ぬちまーす』をおススメされていたので、塩なら調味料として使えばいいので簡単かも!今度ぬちまーす買ってこよう!!…と思ったのです。

 

今度買おう!!って思ってたんですが、一昨日キッチンの引き出しを整理してたら『雪塩』を発見しました。
みなさんご存知かと思いますが、雪塩も沖縄・宮古島の海のお塩です。
もしや!!と思ってパッケージを裏返してみると、100gあたりのマグネシウムの含有量が2810mg!
コレだー!!という感じです。
ちなみに、30~49歳までの日本人女性が1日あたり摂取する量として推奨されているマグネシウムの量は、290mg。
(心筋梗塞の予防など、摂取のメリットは大きいものの、摂取しすぎると高マグネシウム血症になり、命に関わることもあるので過剰摂取には気をつけたいミネラルです。)
雪塩100gでマグネシウム2810mgなら、10gで281mg。
まぁまぁちょうど良い感じですよね。
ちなみに、雪塩10gは大さじ2杯弱って感じでした。
塩大さじ2杯って、一人分の食事で考えると結構難しい気もしますね。笑
雪塩のパッケージの裏に、『雪塩は空気を含んだパウダー状のため、一般の食塩より見た目で3倍位の量を使ってちょうど良い分量になります。軽量スプーンの大さじすり切りで、雪塩が約5g、一般的な食塩が17gです。』との記載がありました。
使ってみた感じ、3倍も必要な感じはしませんでしたが、砂糖断ちによる味覚の変化のおかげなのでしょうか。。
なんといっても塩なので、塩分摂りすぎとか大丈夫なのか?って感じですが、雪塩もぬちまーすもミネラルが豊富で、余分なナトリウムを体外に排出する作用のあるカリウムが含まれているので、ぬちまーすの継続摂取によって高血圧の改善例なんかもあるそうです。
そんな感じで、雪塩もぬちまーすも、1日10gくらいなら大丈夫みたいです。
お水に入れたり、ご飯炊くときに入れたりする人もいるようです。
お水に入れるのは、これからのシーズン熱中症対策なんかに良さそうですね。。
ちなみに、ぬちまーすの方が、雪塩よりマグネシウムの含有量もカリウムの含有量も、若干ですが多めのようです。
他にマグネシウムを摂取しやすそうなのは、あおさ。
素干しのあおさ10gでマグネシウム320mg。
あおさ10gがどのくらいの量かちょっとすぐに想像できないですが、海草は戻すと増えるので微妙かなぁ。。
でも、あおさの味噌汁大好きです!
納豆は、1パック45gで45mgくらい。
純ココア60gで264mg。
意外とインスタントコーヒーもマグネシウムを含んでいるそうで、70gで287mg。
やっぱり塩が一番簡単そうかも。
アーモンドが100gで310mg、ごまが100gで370g、ピーナッツが100gで200mgだそうですが、ナッツ類は花粉症などのアレルギーを誘発する可能性があるという記事を見かけてから食べないようにしています。
ごまは大好きなんだけど、いりゴマ1袋80gとかですからね。
1日1袋とか無理!!
雪塩をキッチンで発見してから、野菜にかけたりしていますが、ちょっとスイーツ欲求がおさまった気もします。
プラシーボかな??
まぁ、お砂糖を使用したスイーツを殆ど食べなくなってから既に2ヶ月も経っているので、自分自身でマグネシウムの砂糖依存への効果を実感するのはちょっと難しいかも。。
甘いものがやめられない母上のために、こっそり実家の塩をぬちまーすか雪塩に換えてこようかな~とか思っています。
普通の塩よりサラサラしてるからバレちゃうかな。。笑
甘いものへの欲求を断ちたい!→マグネシウム足りてないかも!→マグネシウム足りれば甘いもの辞めれるかも!
…という感じで、マグネシウムが多く含まれるものとして、雪塩やぬちまーすを紹介しましたが、雪塩やぬちまーすをきっちり10g毎日摂らなくても、魚やお肉・野菜・大豆製品などなど、バランス良く3食食事を食べていれば、まぁ少なくとも150~200mgくらいのマグネシウムは摂れるみたいです。
なので、無理に甘いものを我慢しなきゃ!!ってあせるよりも、まずはバランスよく食べること。
それで足りなそうなマグネシウムは、料理の調味料としてぬちまーすや雪塩で効率よく補ってみるという感じがいいんじゃないかなぁ?と思います。
過剰摂取は危険ですからね!
まずはバランスの良い食事で補うということ。
ちなみに、雪塩もぬちまーすも250gで1000円前後で、塩としては結構高額です。
ですが、コレで甘いもの依存を脱することができるなら、安くて良い投資なのではないかなぁと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です